日食ナビ

現在位置

2017年8月21日

2017年8月21日

アメリカを横断する皆既日食

2017年8月21日(日本時刻で8月22日)はアメリカで皆既日食が見られます。NASAとGoogleが提供する下図のように、皆既帯がアメリカの西端から東端まで広く横断します。

アメリカ本土での皆既日食は、意外にも1979年2月26日以来、実に38年ぶりのことです。それだけに現地はもちろん、日本でも多くの日食ファンが期待しています。日食ツアーに参加するなど、計画を立てられている方も多いのではないでしょうか。

 

オーストラリア北部を横切る皆既帯

日食の概要

この皆既日食はアメリカ本土のはるか西、太平洋上で月の本影が地球に接するところから始まります。本影がアメリ本土に到達するのはオレゴン州です。この頃の皆既帯の幅は99Kmと広いものではありません。

 

その後は東進してアイダホ州からロッキー山脈に達し、グランドティートン国立公園を横切ります。ワイオミング州のキャスパーでは2分26秒の皆既日食が見られます。その後月の本影は、アメリカ中央部の大平原地帯に入ります。ネブラスカ州のグランドアイルランドでの皆既継続時間は2分34秒です。

 

ミズーリ州ではカンザスシティが皆既帯の南側限界線、セントルイスが北側限界線をかすめる他、セントジョセフ、コロンビア、ジェファーソンシティなどが皆既帯に入ります。

 

ミシシッピー川を越えるとイリノイ州で、その後はいよいよケンタッキー州です。ケンタッキー州では食の最大を迎え、月の影の軸が地球に最も近づきます。ここでの皆既継続時間は2分40秒で、皆既帯の幅は115Kmまで広がります。

 

テネシー州では人口170万都市のナッシュビルが皆既帯に入り、1分58秒の皆既となります。さらに世界遺産となったグレートスモーキー山脈国立公園付近を通過してサウスカロライナ州に向かいます。サウスカロライナ州の州都コロンビアでは2分30秒の皆既日食が見られます。

 

その後は月の本影が大西洋へ抜けて、アメリカ横断日食は終了します。

 

アイダホ州ドリッグスでの見え方

日食の見え方は観測地点によってまちまちです。ここでは日本からの某日食ツアーで観測予定地であるアイダホ州ドリッグスの場合を紹介します。

 

シミュレーション画像は「つるちゃんの日食ソフト」を使用し、ΔT=68.4秒を入力して平均月縁で計算したものです。画像中の時刻は全て日本標準時刻で表示されていますので、日本時刻との時差に注意してください。

 

ドリッグスの現地時刻は山岳部標準時(MST)で、日本との時差は-15時間です。平均月縁による皆既は11時34分20秒から11時36分37秒で継続時間は2分17秒です。

 

ドリッグス 現地時刻 P V h
日食の始まり 10時16分26秒 286.6 149.7 38.1
皆既日食の始まり 11時34分20秒 277.1 129.4 49.9
食の最大 11時35分28秒 198.8 50.9 50.0
皆既日食の終わり 11時36分37秒 119.4 331.3 50.2
日食の終わり 12時59分39秒 110.0 299.5 57.6
最大食分 1.012
皆既継続時間 2分17秒

 

下の図は日食の開始、最大、終了が空のどの位置で起こるかを示したものです。概ね南東方向といえばいいでしょうか。太陽高度は最大食時点で50度ありますので申し分ありません。

 

ドリッグスから見た太陽の位置

 

次に日食の経過をみてみましょう。現地時刻で10時16分、最初は太陽の右上から欠け始めます。その後も右上が欠けた状態でどんどん食が進行します。皆既日食は11時34分20秒からの2分17秒間です。

ドリッグスで見た日食の前半(欠け始め直前から食の最大まで)

 

復帰は太陽の右上から始まります。日食の前半とは逆に、後半は太陽の右下が欠けた状態になります。13時ちょうどに日食が終了して、太陽は丸い姿に戻ります。

ドリッグスで見た日食の後半(食の最大から日食の終了直後まで)

主な都市での見え方

アメリカで主な都市での見え方です。例としてニューヨーク、サンディエゴ、マイアミ、ロサンゼルス、ニューオーリンズ、ワシントン、オクラホマシティ、ボストン(順不同)を挙げてみました。下のシミュレーション画像では軒並み食分が0.7を超えており、アメリカ全土で大きな日食が楽しめることがわかります。

 

ドリッグスで見た日食の前半(欠け始め直前から食の最大まで)

 

ニューヨーク 現地時刻 P V h
日食の始まり 13時23分57秒 279.8 89.3 60.8
食の最大 14時45分43秒 203.9 348.7 52.8
日食の終わり 16時01分24秒 127.4 261.1 40.6
最大食分 0.771

1サロス周期後は日本で皆既日食

アメリカ横断皆既日食から1サロス周期後の日食は、2035年に日本で見られる皆既日食です。能登半島から関東にかけて富山、長野、前橋、宇都宮、水戸などの都市が皆既帯に入りますので、今から楽しみですね。

 

日食一覧表
ベスト20 場所別 年代別 分布図